音楽ゲームの演奏における技術の可視化とその上達法の提案

菅原 雄太

音楽ゲームは,曲に合わせて流れてくる譜面を認識し,手首や腕を動かして正しいタイミングで入力する程度を競うゲームである.習熟度があがるにつれて,腕や手が効率的に動くようになり,より複雑な譜面に対応できるようになる.しかし,同程度の反復練習をしても上達が見込めず,止めてしまう人もいる.本研究では,ウェアラブルデバイスとアイトラッカーを用いて,プレイヤーの腕前を可視化し,上達を支援する手法を提案する.