FlexSensorを用いた自動車操縦インタフェースの開発

湊 崇文

多くの障害者が自立したいと希望しており,活動範囲を広げる為に自分で自動車を運転することを望んでいる.障害者向けの自動車操縦インタフェースの開発は行っているが,大規模な車のカスタマイズを必要としている. 今回FlexSensorを用いた自動車操縦インタフェースを提案する.また,ドライビングシミュレータを用いた走行実験を行い,センサを指に取り付けた場合における自動車の操作性について報告する.