KINECTを用いた脊柱部分のリハビリテーション効果の可視化

永澤 修平

リハビリテーションの現場では、当事者のモチベーションの向上や、医療従事者が適切な判断を行えるようにするためにリハビリテーションの効果を可視化することが望まれる。 本研究では、KINECTを用いて3次元座標を取得し、脊柱部のリハビリテーション効果をリアルタイムで可視化するシステムを提案する。その際脳卒中により平衡感覚を失い、自分の正しい姿勢認識の行えない患者が理解できるように可視化する。